「クマヒダ KUMAHIDA」 アームチェアにふれる。-家具・インテリアショップYAOMOKU

スタッフブログBLOG

BLOG

「クマヒダ KUMAHIDA」 アームチェアにふれる。

飛驒産業株式会社×隈 研吾 

「クマヒダ KUMAHIDA」 アームチェアにふれる。

 

「新国立競技場」や歌舞伎座との複合施設「GINZA KABUKIZA」などの共同設計で知られる

世界的な建築家の隈 研吾氏と飛驒産業株式会社とのコラボレーションが実現。

その洗練されたフォルムと実用的な座り心地を体感ください。

 

 

アームチェアは、前脚から肘、背を連続して 1 本で繋ぐ、捻れたリボン状の構造が最大の特徴です。

飛驒産業の高度な曲げ木・切削技術を活用した滑らかな曲面と、

断面形状として採用した紡錘形(レモン型)が、

膨らみを持った「柔らかさ」とシャープな「軽やかさ」を高い次元で両立させ、

かつてないスタイリッシュなデザインを実現しています。

また、椅子全体を側面や後方から見ると、

これまで隈氏が手掛けて来られた優しい曲線的な建築物を彷彿とさせる形状でありながら、

座面には三次元の複雑な切削加工が施され、

椅子としての座り心地を追求した高い機能性を持たせています。

 

 

 

 

YAOMOKUではウォールナット仕様での展示です。

材種違いホワイトオーク仕様もございます。

 

 

「クマヒダ KUMAHIDA」 アームチェアの背面下部には記念プレートが施されています。